首いぼ 30代・40代

30代・40代あたりになってできる小さいプツプツ首イボの原因と対策方法

 

「10代20代のころに比べて皮膚のハリやキメが無くなってきた」とお感じの方も少なからずおられるのではないでしょうか?

 

人間の身体は20歳あたりをピークに、それ以降は様々な部位に衰えが出だすといいます。
細胞は死滅していく一方なので身体全体で老化はするのですが、そのなかでいちばん最初に表面化するのが髪の毛や皮膚の衰えです。

 

ですから、首イボに悩んでいる方のなかにはイボができる以前から髪の毛のコシや艶が気になっていたという方もおられるかもしれませんね。

 

水を弾くようなハリや細かいキメのある肌。誰しも10代20代のころはあったと思います。
これは、皮膚の水分保持能力が高いうえに代謝(ターンオーバー)のサイクルも早いためそのような皮膚状態を維持できたわけですが、加齢に伴ってその保水能力が低下して代謝サイクルも下がってしまいます。

 

エラスチンやコラーゲンの減少など、加齢によって潤いをキープできなくなった皮膚は様々な肌トラブルの原因となります。そのトラブルの一つとしてあげられるのが、「古い角質が溜まって残ってしまう」。つまり首イボです。

 

 

 

潤いを補うなら保湿化粧品でOKですが

加齢によって遅くなってしまった代謝サイクルをケアするためには充分な保湿が重要です。
潤いを与えることで紫外線から皮膚を守ってくれるバリア機能の低下も補えますから、何をさておいても保湿が最優先事項なのは30代40代向けのもエイジングケア化粧品は保湿に特化している物が多いことからも、それが重要ということはご存じかと思います。

 

保湿力や浸透力の高い化粧品は、大手化粧品メーカーがこぞって販売しています。
潤いを与える成分が多数配合されていますし、加齢が原因で敏感になった肌に特化して作られていますから、使い始めから潤い効果を実感できたという声も多いですね。

 

顔と首の皮膚はつながっていますから、それらの保湿美容液を首に塗れば潤いを補うことができます。

 

しかし、30代40代になってできる首イボの原因は保水能力の低下だと前述しましたが、私の経験で言えば首イボを少しでも早く取りたいのであれば、保湿成分だけではなくイボを小さくする・取ることに特化した成分が配合された薬やケア商品を使ったほうが、当然ですが効果が出るのが早いです。

 

 

首イボ用の薬やケア商品に含まれる成分

首イボ用の薬やケア商品には、皮膚をシットリスベスベにしてくれるヨクイニンや杏子エキスなどが配合されている物が多いです。

 

皮膚科で出される薬もヨクイニンが配合された軟膏が処方されています。

 

このヨクイニンは肌荒れを抑えて皮膚を滑らかにする効果がありますが、首イボケア商品にはヨクイニンの他にも天然由来の保湿成分が多種配合されている物もあります。

 

 

薬が効かない首イボもあります

ここまでは、30代40代からできる「老人性のイボ」の話をしてきました。

 

しかし首イボには種類があって、ウイルス性のものからスキンタッグのようなものまで、それぞれ症状の重さに差があります。

 

老人性のイボは症状が軽いイボなのでヨクイニンや杏子エキスが含まれたケア商品が有効ですが、脂漏性角化症や尋常性疣贅のように皮膚に根ざしてしまっている症状の重いイボの場合は薬の効果は期待できません。

 

スキンタッグ

スキンタッグ

脂漏性角化症

脂漏性角化症

尋常性疣贅

尋常性疣贅

 

首にできているイボが脂漏性角化症もしくは尋常性疣贅の場合、皮膚科やクリニックでの治療が必要です。

 

関連ページ 皮膚科で首イボを治療する場合の費用・治療内容について

 

 

まとめ 状態を改善しないかぎり首イボは再発する

30代40代になってできる首イボの原因は加齢による皮膚能力の低下です。
放置しているとだんだん増えていくこの首イボは、保湿ケアをして皮膚の状態を改善しないかぎり治るものではなく、また、ハサミや線香を使って物理的に取ってしまっても再発します。

 

自分で切ってしまう方が多いようですが、消毒などが充分でなかったり皮膚組織まで傷つけてしまって痕が残ってしまったという最悪のケースに陥っている方も多いです。

 

私が改善できたから言うわけではありませんが、やはり首イボには首イボ専用のケア商品を使うことをおすすめします。(※スキンタッグの場合)

 

関連ページ 私の首イボが改善した艶つや習慣の使用レビュー