首いぼ 原因

“首いぼ”ができる原因

毎日鏡を見ていても、顔はじっくりと見ますが、首はそれ程良くは確かめません。
すると、いつの間にか首にイボが出来ているのに気づき愕然とすることがあります。

 

イボが出来る原因は、ウィルスによるものと腫瘍によって出来るものが殆どです。
その中でも首イボは、老化による古い角質層の固まりの腫瘍と言えます。
今回は、首イボが出来る症状と原因について、詳しく検証して行きましょう。

 

主な首イボの症状

30歳を迎える頃になると、首の当たりに小さなイボが出来ていることがあります。
首イボは「あれっ、こんなところにイボがあったかな?」という状態で、いつの間にか多発するのです。
特別、痛みや痒みもありません。
しかし、指でつまめる程に成長する首イボは、人目に付きやすく、エリやネックレスで擦れると不快に感じます。

 

原因1:首イボは大きさで3つに分かれる

 

首イボの特徴は、皮膚の薄い箇所に出来やすいことです。
皮膚の線維と脂肪から、イボは形成されます。

 

医学的にいうと、イボの大きさで名称が変わります。

  • 2〜3mmで多発傾向にあるものがアクロコルドン(スキンタッグとも呼びます)
  • 直系10mmで単発のものを、軟性線維腫
  • 軟性線維腫が成長し、皮膚から垂れ下がるものを、懸垂性線維腫

 

原因2:更年期を過ぎるか肥満者に多発

首イボ自体は良性の腫瘍なので、他人に感染する恐れはありません。
人によって症状は様々で、一つだけ出来る人もいれば、無数に出来る人もいます。
体質や、皮膚の老化によって出来るのですが、アクロコルドンの発生は20代の方でも油断出来ません。

 

その理由として、肥満が関係しています。
首イボが出来ている人は測定の結果、インスリンやコレステロール・中性脂肪などが高い数値であると判明しました。
この結果は首イボだけではなく、わきや太ももの付け根にも発生し、大腸ポリープや糖尿病の原因にもなります。

 

首イボの対策としては、ブツブツを綺麗にするクリームも販売されています。
毎日塗り続けることで、徐々に効いて来て改善されるのです。
また、形成外科や皮膚科で切り取ってもらうことも出来ます。
首イボを刺激しないようにエリ付きの洋服を控え、刺激を受けるアクセサリーなども極力控える方が良いでしょう。