首いぼ 薬

ハサミや糸で首イボを取るのはリスクが大きいです

 

顔や首元にできたポツポツ。
そのうち消えるだろうと放置してみてもなかなか消えないし、鏡を見るたびに目につくからどうしても気になっちゃいますよね。

 

ハサミや糸を使って自分で取ってしまうという方も多いようですが、それはおすすめできません。
なぜなら、消毒が不十分だと炎症を起こすこともありますし、切り方を間違えると跡が残ってしまうことがあるからです。

 

目立つから何とかしようと思ったのに、跡が残ってしまったら元も子もないですよね。

 

切ったイボが再発する理由

また、できたイボが糸状疣贅(いとじょうゆうぜい)の場合、自分でハサミや糸で切ってしまうと再発する可能性があります。

 

糸状疣贅とは、首の周りに出来るイボの一種で、大きさはだいたい2mm程度。肌色や褐色のポツポツが皮膚から飛び出しているのが特徴です。

 

首以外にも顔や二の腕等の、皮膚が柔らかい場所にできやすく、痛みやかゆみ等はありません。
意外に思うかもしれませんが、イボにはウイルスが原因で発生するものが存在します。

 

この糸状疣贅もヒトパピローマウイルスという感染性ウイルスを元に発生します。
肌にできた小さな傷等からヒトパピローマウイルスが皮膚に侵入、ウイルスに感染した肌細胞がそのまま皮膚に定着してイボになります。

 

元気な肌の場合は、皮膚にこのウイルスが侵入してきても肌の免疫細胞が撃退してくれるし、肌周期(ターンオーバー)で細胞ごとウイルスを捨てることができるのですが、加齢によって免疫力は低下し、肌周期(ターンオーバー)も正常に機能しなくなると、ウイルスを撃退できず、感染した肌細胞も肌表面に居座り続けることになり、イボとして肌に定着してしまいます。

 

これをハサミや糸等で無理やり切ってしまうと、切口からウイルスが散乱。
再発する上に更なる大量発生に繋がってしまいます。

 

「じゃあ何もしない方がいいんだな」とお思いの方。
ウイルス性のものは、何もせずに放っていても勝手にどんどん繁殖するのでその分イボも増えてしまいます。
また人から人へも感染するものなので、早めに皮膚科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。

 

イボの感染を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?
残念ながら現在のところイボに対する予防ワクチンは開発されていないため、確実にウイルスを防げるという方法はないというのが実情です。

 

ですが先ほども触れたように、イボは原因になるウイルスが肌にできた傷等から皮膚に侵入し、感染した肌細胞がそのまま皮膚に定着することで発生します。

 

肌荒れや傷、皮膚炎等、肌にダメージがあるとウイルスが侵入しやすくなってしまうので、適切に処置をして早めに治療してください。

 

紫外線は肌に炎症を起こしたり、肌を老化させたりと様々なダメージに繋がります。
日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を行うようにしてください。
その他にも、石けんやハンドソープは低刺激性のものを選ぶ等、日ごろから肌にダメージを与えないよう注意しましょう。

 

また、身体全体の免疫力をアップさせることも大切です。
食生活、生活習慣の改善、適度な運動を行うようにしてください。
食事は栄養バランスの良い食事を心掛け、偏った食生活は避けるようにします。
整腸作用のある食材(ヨーグルトや納豆等)や、抗酸化力作用のある食材(ニンジンやトマト等)は免疫力を上げる効果が期待できます。

 

タバコを控える、質の良い睡眠を取る、湯船に浸かって体を温める等の、生活スタイルの改善も行ってください。
運動はあまり激しすぎない、ほどよく疲れが感じられる程度で行いましょう。
激しく身体を動かし過ぎると身体にストレスを与えることになり、かえって免疫力が低下することに繋がってしまうためです。

 

 

自宅で首イボ除去したいなら

― 首元から顎にかけてできるポツポツ首いぼ除去には『艶つや習慣』 ―

・毎日塗るだけ。痛みもなくいつのまにかイボがポロリ
・いぼの根元から落とすのでポツポツの再発を防止
・ポツポツケア製品でNO.1に選ばれている

>>詳細ページはこちら 艶つや習慣