首イボ 皮膚科

皮膚科やクリニックで首イボを治療する場合の費用・治療内容について

 

首イボは皮膚科・美容クリニックでの治療が可能です。治療法もイボの種類・形状・大きさによって様々。 代表的な処置では、炭酸ガスレーザーによる治療、液体窒素による凍結療法、ハサミやメスなどによる切除があります。

 

イボの種類によって医師が治療方法を判断し、相談したうえで決めます。

 

スキンタッグやアクロコルドンの場合

いちばん症状が軽い、古い角質が固まって粒になったイボです。

 

 

角質なので神経や血管は通っていないので、治療はハサミで切る場合が一般的です。
※液体窒素を使った凍結療法を取り入れているクリニックもあります。

 

切れ味鋭い医療用ハサミを使いますので切除のときに痛みはほとんどなく、切除した部位に塗る軟膏を処方されますので、跡が残ることもありません。

 

自分でハサミやカミソリを使って切ると患部からバイ菌が入って跡が残ってしまう危険性がありますし、切除した後に皮膚の状態が変わらない限り首イボは再発します。

 

イボの見た目の悪さを解消しようとして切るんだと思いますが、跡が残ってしまったのでは本末転倒になってしまいます。

 

イボが恥ずかしい、皮膚科に行くのが面倒くさいから自分で切ってしまいたいという方もおられると思います。私がそうでしたのでその気持はよくわかるのですが、最悪の場合イボよりもやっかいな色素沈着ができてしまいます。

 

跡になってしまうとイボを取るよりも面倒なことになってしまうのでご注意ください。

 

 

尋常性疣贅・脂漏性角化症の場合

尋常性疣贅はウイルス性のイボです。
イボが大きい場合は炭酸ガスレーザーを使った切除、小さい場合は液体窒素での凍結療法を用いるケースが多いようです。

 

脂漏性角化症は良性の腫瘍で、皮膚から隆起したものは液体窒素、皮膚に平面にできている場合はレーザー治療を用いるようです。

 

 

尋常性疣贅・脂漏性角化症の治療法-炭酸ガスレーザー治療

炭酸ガスレーザーはホクロの除去治療でも用いられます。
炭酸ガスレーザー治療をする場合は患部に麻酔をかけて治療します。
現在使われているレーザーは医療機器の進歩によって出血や痛みが少なく、患部に痕が残りにくく根を残さないのでイボが再発する可能性の低い治療法です。
しかし、イボの大きさや種類によっては術後に治療痕が硬くなって残るケースもあります。

 

引用元:スキンケアクリニック美のかほり

 

治療にかかる時間は10分程度と短いこと、そして治療が終わるまでに必要な通院回数が液体窒素治療に比べて少ないというメリットがあります。

 

レーザー治療の費用は、皮膚科やクリニックによって多少差がありますが、治療にかかる料金の内訳は、施術費用+初診料3000円くらい+麻酔代+軟膏代がかかります

 

イボの大きさや個数によって治療費は違ってきますので、施術前にまず見積もりがあります。
医師からの説明を受け、見積もりを承諾したら施術に進みます。

 

保険についてですが、イボの種類や大きさによって保険適用になる場合とならない場合がありますので初診のときに医師にお尋ねください。

 

※参考値として、保険適用3割負担の場合で5000円程度が平均的な料金になるようです。

 

 

尋常性疣贅・扁平疣贅の治療法-液体窒素(凍結療法)

マイナス200度の液体窒素を首イボにあて組織ごと凍らせて取る治療法です。

 

綿棒のような棒でつける「綿球法」と、ジェットスプレーで液体窒素を吹きかける「ジェットスプレー式液体窒素療法」の2種類があります。

 

これまでの凍結療法は綿球法が主流でしたが、隆起したイボは切除できるものの患部に深く浸透できないため、治療にかかる通院回数が多かったり、すぐに再発してしまうリスクが高いというデメリットがあります。

 

治療の傷が治るまでには2週間から1ヶ月程度かかります。

 

液体窒素での治療にかかる料金は、首イボ1個あたり数百円なので炭酸ガスレーザーと比較すると安く済むというメリットがありますが、通院回数はジェットスプレー式液体窒素療法になったことで回数は減ったものの、炭酸ガスレーザー治療に比べると治療にかかる通院回数が多く、また痛みがあるというデメリットがあります。

 

 

医師の判断によってはハサミを使っての切除もあります

炭酸ガスレーザーか液体窒素治療を選択する医師が多いようですが、医師によっては医療用ハサミで切除するケースも多いようです。

 

局所麻酔を用いた簡単な手術です。

 

ハサミや高周波メスを使ってイボを1つずつ切除し、傷を縫い合わせます。
サイズが小さい物に限った治療法で、イボの大きさによってはこの方法は行うことはできません。

 

 

イボの治療で主流なのはレーザー治療と液体窒素(凍結療法)ですが、この他にも皮膚科によっては、スピール膏・抗がん剤・尿素軟膏などの外用・注射・漢方薬の内服など、治療法は多岐に渡るようです。

 

皮膚科やクリニックでの治療に関するよくある疑問

上の項と被る部分もありますが、よくある疑問・思うであろう疑問をまとめました。

 

液体窒素による凍結療法

保険適用されます。大体イボ1個400円〜500円程度が一般的です。
ただしイボは複数個できることが多いため、治療は5000円以上になることも。

 

  • 医療用ハサミでの切除
  • 多くの場合保険が適用されます。こちらも同じ理由で大体5000円〜8000円程度。

  • レーザーによる治療
  • こちらは保険が適用されないので、全額自己負担となります。大体イボ1個1000円〜2000円程度。

※どの施術もイボの大きさや形状によって金額が上がる可能性あり。
また上記の値段は純粋に施術料金のみを挙げたものなので、初診料・診断料・処方箋料などが別途必要になります。

 

レーザーや液体窒素で処置する場合痛みはある?

レーザーによる処置は出血も少なく、痛みもほとんどありません。
液体窒素による療法は凍結によりやけどを人為的に起こすという方法なので、人によっては強い痛みを伴います。

 

跡は残るの?

首の下は肌の構造上、顔よりも傷跡が残りやすい特徴があります。
またレーザー治療・液体窒素の処置は微細なコントロールが難しく、技量も大きく左右される難しい施術です。
施術中に傷の範囲が広くなってしまい、跡が残る可能性も否定できません。

 

皮膚科で治療を行た場合の再発は?

レーザー・液体窒素による処置では首イボの根源は取り除くことが難しく、再発する可能性が高いといわれています。
再発防止には施術後のケアが必要不可欠。イボ取りに有効なヨクイニンを漢方なので服用し体質改善をはること。
またヨクイニンを配合した首イボ専用商品でおぼができにくい肌を作ることが大切です。