首いぼ 脂漏性角化症

首イボの種類「脂漏性角化症」とは

 

脂漏性角化症は加齢などが原因でできる腫瘍のことです。
年寄りイボともいわれるイボで、かゆみを伴うこともあり放っておくとイボの範囲が広まったり増えるのが特徴です。

 

腫瘍ですが良性腫瘍なので、放っておいても問題ありません。
首だけでなく、皮膚の柔らかい部位(顔・胸・体幹部分)にも発生し、色は肌色・茶色・黒色と様々ですが、割合としては黒が圧倒的に多いようです。

 

ただ、いかにも老人の象徴のような見た目になってしまうので、美的観点から見ればなんとかしたいとお思いの方が多いでしょう。

 

■脂漏性角化症の原因は?

脂漏性角化症は老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれ、加齢により肌の細胞分裂が上手く働かず、角質が増殖することが主な原因です。
30代頃から出来始め、80代頃にはほとんどの方に出来るといわれていますが、遺伝的な要因で早ければ20代で出来る人もいます。
紫外線や衣類などによる摩擦の影響も大きく関係し、肥満体型の人や日光が当たりやすい顔・首元に多く出来るのもその為だと考えられています。

 

 

■放っておくと危険?

脂漏性角化症はウィルス性ではないので、他人に移ることはありません。
痛みや痒みもなく、皮膚の良性腫瘍なので放置していても特に問題はありませんが、放っておくと次第に大きくなっていきます。
最初は1〜2o程度のものも、大きくなり数が増えると目立ちますし、治療も時間がかかります。小さいうちにケアすれば問題ないので早めの治療が得策です。
あまりにも凹凸があったり形がいびつ、急激に大きくなったなどの症状があった場合も念のため組織検査を受けた方が良いでしょう。

 

 

予防は生活習慣・肌質改善から!

脂漏性角化症は肌の老化現象により引き起こされる為、医師や美容クリニックで切除などの処置を行ったとしてもまた再発する恐れがあります。

 

脂漏性角化症ができない、または増やさない予防をするためには肌への刺激を避けるなどの生活習慣の改善に加え、ダメージを受けにくい肌を作ること必要です。

 

脂漏性角化症には紫外線や摩擦は大敵。アクセサリーや首元が擦れる衣類は避け、UVケアはデコルテまでをしっかり行いましょう。
肌のターンオーバーを促すため、入浴などで新陳代謝を促進。角質除去の為ピーリングを行うのもいいですね。

 

ピーリング後は保湿クリームや首イボ専用商品でしっかりと保湿を行うことも忘れずに。

 

 

脂漏性角化症を根本から治療するには

脂漏性角化症を根本から治療するには、液体窒素による凍結療法・レーザーによる切除術・電気焼灼治療などの方法があります。
皮膚科や美容クリニックで施術してもらえる治療法です。

 

切除してしまうのでイボがすぐに無くなりますし、1回の治療費もそんなに高額にならないというメリットがあります。

 

デメリットは、脂漏性角化症は再発することが多いため液体窒素やレーザーで除去しても一時しのぎになり、その都度治療費がかかるので合計すると高額な治療費に膨れ上がってしまうことです。
治療の跡が残る場合がある点も注意点でしょうか。

 

イボが小さいうちなら自宅でのセルフケアをするのも賢い方法の1つ。
その場合、内側からはイボ取りに有効とされるヨクイニン(ハトムギ)が含有された漢方など、外側からはヨクイニンを配合した首イボ専用商品でのケアが効果的です。