首イボ 子供

子供の首イボ イボができる原因と子供にも使える安全な薬は?

子供の首にできるイボの原因と種類

子供の首・顔などにできるイボで多いのが「尋常性疣贅」と呼ばれるもの。
皮膚や粘膜からがウィルスが感染することで発生し、特に1〜6歳の子供に多く見られます。

 

イボの原因となるウィルスは「ヒト乳頭腫ウィルス」というもので、自然界に様々な形態で存在し、肌に出来た小さな傷口などから侵入。

 

感染した手で他の皮膚に触ることであっという間に感染を広げイボを増殖させてしまいます。

 

他人にうつりやすいのが特徴

「尋常性疣贅」は良性の腫瘍で自然消滅することも多く、体に害はありませんが他人に移りやすいのが特徴です。

 

感染経由は幼稚園や保育園のでのプールが最も多く、アトピー性皮膚炎や皮脂欠乏症など肌の免疫力がが弱くなった状態だと感染しやすいので要注意です。

 

イボを触った手で他の皮膚に触ると感染が拡大する為、他の部位に触れないよう注意することが必要ですが、小さなこどもの場合それも難しく、感染が広がらないうちにイボへの対策を取ることが重要になってきます。

 

皮膚科での治療は子供には不向き

皮膚科などで行われる「尋常性疣贅」の治療として代表的なものが、液体窒素を使用し皮膚を凍結させる方法です。
処置は皮膚を瞬間的に凍結し、とけたらまた凍結させるを繰り返します。
組織を破壊するのが目的で麻酔などは使わないため、人によっては強い痛みを感じることが多く、何度か治療に通わなくてはいけません。

 

また首は個肌の構造上顔よりも跡が残りやすくなっています。さらに再発する恐れもあることから小さな子供への治療には適していないと考えられます。

 

子供にも使える安全な薬はありますか?

自宅でのセルフケアでは、ヨクイニンを配合した漢方や錠剤、ヨクイニン含有の首専用ジェルが人気です。
ヨクイニンの原料はハトムギ。自然成分由来なので、体への害も無く子供にも安全に使用することができます。

 

特に首専用のケア商品は肌に塗るるだけなので子供の抵抗感も少なく、継続的な使用が可能。
肌の保湿力を高め肌バリアを強化することで、首イボへの予防へもつながります。
漢方や錠剤は体質改善を主な目的としており、予防としては優れていますが改善効果はすぐには見られません。
また漢方や錠剤は子供にとって飲みにくく、継続が難しいのというデメリットもあるので、そんな時にも首イボ専用のジェルの使用がおすすめです。

 

ヨクイニンは服用しても肌に塗っても効果があるのが特徴の成分。原料がハトムギなので安全性も高く安心してイボ改善・予防をすることができます。

 

 

自宅で首イボ除去したいなら

― 首元から顎にかけてできるポツポツ首いぼ除去には『艶つや習慣』 ―

・毎日塗るだけ。痛みもなくいつのまにかイボがポロリ
・いぼの根元から落とすのでポツポツの再発を防止
・ポツポツケア製品でNO.1に選ばれている

>>詳細ページはこちら 艶つや習慣