いぼ 薬

目元のイボにも使える市販薬は

 

イボを除去する市販薬(医薬部外品)はいくつかありますが、目元のようなデリケートな部分への使用は禁止している薬がほとんどです。

 

例えば、「イボ 薬」でグーグル検索するとイボコロリが検索結果に出てきます。
イボの薬といったらイボコロリというくらい有名ですから検索結果がおかしいということではなく、イボコロリは足の裏などの皮が厚い部分に使うものですから目元やもちろん首元などの皮膚が薄い部分に使うのは危険ということです。

 

※イボコロリの注意書きです

 

足の裏のイボが取れるなら強力そう
このような安易な考えで私はおしり側面にできた小さいイボに使ったことがありますが、イボ以外の部分につかないように塗ったのにヒリヒリして真っ赤になってしまいました(汗)
我慢して使えばイボは取れたのかもしれませんが、予想以上のヒリヒリに耐えられず断念しました。

 

足の裏以外にイボコロリを使ったという人のブログ等を読んでみると「胸元に使ったら火傷のような真っ赤な状態になった」「痕がしばらく残った」という記事が画像付きでありました。
私と同じように強力な効果を期待して使ったようですが、私よりも酷くなっていました。

 

注意書きに書いてあるとおり、やはり使っては駄目ですね(当然ですが 汗)

 

デリケートな部分のイボには

目元などのデリケートな部分のイボを自分で除去するには、有効成分が薬品のものではなく天然由来のものを使いましょう。

 

デリケートな部分のイボ除去に特化した「艶々習慣」は、ポツポツいぼに効果のある天然由来成分“あんずエキス”“ハトムギエキス”を配合。

 

肌を傷めることなくイボだけを『ポロッ』と除去してくれます。

 

 

艶つや習慣はイボを除去するだけでなく、名前の通り肌を艶々にすることを目的として作られたジェルですから、私はイボがなくなった後はスベスベになりました。

 

敏感肌の私ですが、刺激を感じることなくイボを除去することができました。