首いぼ スキンタッグ

首イボの種類「スキンタッグ」とは

 

首イボの一種であるアクロコルドンと原因・症状はほとんど変わらず、主に大きさで区別されます。

 

発生の要因は老化により肌細胞の生まれ変わりが正常に作用しなったこと。
紫外線や摩擦などの肌への外的ダメージが原因で生じます。

 

別名、軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)と呼ばれ、年配者に多く見られることから皮膚の老化現象と言われていいます。 大きさは1〜3o程度。皮膚の良性腫瘍なので放っておいても特に問題はありませんが、目立つので美容面で悩む方が多く、加齢と共に増加・大きくなる可能性があるので気になる方は早めの対策を心がけましょう。

 

 

■肌質・体系・遺伝などの影響

スキンタッグは加齢が第一の原因として挙げられます。
一般的には中高年に多く発生しますが、遺伝などによる体質の影響もある為20代でも見られることがあります。
首など、衣類・アクセサリーによって皮膚が擦れる場所に発生し、特に色白で肌が柔らかい人や皮膚刺激が起こりやすい肥満体型の人に出来やすいといわれています。
遺伝の影響が考えられる場合は、親にも出来ている可能性があるので可能ならば確認してみましょう。
自分が出来やすい体質かどうか分かれば早めに対策を練ることが出来ます。

 

■生活習慣による影響

スキンタッグは加齢による肌の老化だけが原因ではありません。肌質など元々備わった物と、日常生活の中で受ける肌への影響も深く関係しています。
つまり摩擦・紫外線による刺激を軽減することで、スキンタッグの改善と防止に繋げられるのです。

 

摩擦

タートルネックや襟付きのワイシャツは肌に摩擦を与えるので避けた方が無難です。着用する場合は肌の保湿をしっかりと行い、摩擦を最小限に抑えましょう。
ネックレスはすでにスキンタッグが目立つ場合、引っかかって炎症を起こす可能性があるので極力避けましょう。
その他、下着類は締め付けの少ない物を選ぶ。体を洗う際は強く擦りすぎないなど、普段の生活でも肌ダメージを軽減するよう意識しましょう。

 

紫外線

紫外線は肌老化を進行させるだけでなく、肌の乾燥も引き起こします。乾燥した肌は摩擦によるダメージを受けやすく、スキンタッグが出来やすい肌状態を作ってしまいます。
屋外での活動が多い時は紫外線対策は万全にしておきましょう。

 

 

■たっぷりの保湿がキーポイント

スキンタッグは年を重ねるごとに増殖・大きくなる可能性があり、増やさない・作らない為にも早めのケアが大切です。
UVケアをしっかりと、保湿をたっぷり行うことでスキンタッグが出来にくい肌質を作り上げましょう。
ローションやクリームを塗るときも顔だけでなく首やデコルテまでしっかり保湿することが大切です。
ヨクイニンを配合した首イボ専用の商品は保湿力も高く、イボを確実に改善・予防することができるのでおすすめです。

 

■様々な処置方法がある

気になるからといってイボを爪でひっかいて取ろうとする人がいますが、肌を傷つけ跡が残る可能性があるのでオススメしません。
まずは日常の習慣から改善することが大切。特に保湿は重要なので首イボ専用の商品などでしっかり潤してあげると良いですね。
今すぐ取ってしまいたい!という時は無理やり取らず皮膚科や美容クリニックで処置してもらいましょう。
その場合もハサミでの切除・冷凍医療・レーザーなどイボの大きさや種類によって様々な方法がありますが、メリット・デメリットがあるのでしっかりとした見極めが必要です。